本文へ移動

浜松児童福祉園へようこそ

新着情報

今月の言葉

『強弱』

~暑中お見舞い申し上げます。引き続き、熱中症にはご留意ください~
 “喉元過ぎれば、熱さ忘れる”・・・ 熱いものも、飲んでしまえばその熱さを忘れてしまいます。また、苦しい経験も、過ぎ去ってしまえばその苦しさを忘れてしまいます。これは、人の強さでもありますが、弱点でもあります。昨今、猛威を振るう様々なウイルスは、やはり人間の強みと弱みの隙間を突いてくる「したたか」な存在なのでしょうか。
 さて、8月は「暑中見舞い」から「残暑見舞い」へと、自然の摂理や近しい人への思いを加味して見舞うメッセージが変わっていきます。暑さは早いところ忘れたいけれど、逃れられない状況だからこその踏ん張りどころが伝わります。



     
浜松児童福祉園理事長 朝元 尊
9
5
2
2
7
6
TOPへ戻る