本文へ移動

浜松児童福祉園へようこそ

新着情報

今月の言葉

『わかる』

 葉桜の勢いを感じる季節になりました。入園・進級から1カ月が経ち、子どもたちの生活も少しずつ安定していく時期になってきます。園の生活にも慣れてきて、身近な友だちとの関りも増えてくると、家とは一味違った遊びや楽しさが分かってきます。「わかる」の語源は、分岐して別々になるという意味の分かる、よく使う言葉で“分かれる”です。つまりは、家庭と園との“持ち味の違い”が分かってきた証しです。毎日の経験を積み重ねていくうちに、さらに頭の中でいくつかの道に分かれていき、情報の通り道が出来ていきます。満開だった桜の花から、見事な葉桜に分かれるように、子どもの成長も楽しみにしていきたいものですね。


浜松児童福祉園理事長 朝元 尊
8
8
9
7
6
9
TOPへ戻る